活用方法

chatGPTを炎上チェッカーとして使う方法

/ 281

スポンサーリンク


よく著名人や政治家の発言が不適切で炎上するニュースを見かける事があります。SNS の発達でより顕在化するようになりました。価値観の変化で、昔は炎上しなくても現代では炎上してしまうということもあります。

特に企業の SNS で炎上してしまうと、企業イメージの低下に繋がってしまいます。

しかし情報を発信する当事者からでは、どのような事で炎上してしまうのかわかりにくいという問題があります。

そういう時に chatGPT が助けになるかもしれません。炎上チェッカーとして使う事ができます。

文章が炎上の可能性があるかチェック

かつてネットを騒がせ炎上してしまった発言で検証してみようと思います。

以下の文章は炎上しますか?

女性がたくさん入っている会議は時間かかる。

東京オリンピック開催前、森元首相の発言です。

この文章は、性別に基づいた一般化や先入観を含んでいるため、炎上する可能性があります。性別によって能力や性格が異なるという固定観念は、現代社会においては非常に批判的な見方をされることがあります。また、このような表現によって、女性に対する偏見や差別的な態度が示唆される可能性があります。そのため、このような表現を用いることは、社会的に受け入れられるものではなく、批判を浴びる可能性があります。

これはどう見ても炎上しそうな発言でしたが、ちゃんと理由まで解説してくれています。

以下の文章は炎上しますか?

男性なら1人前、女性なら2人前分あります。

料理YouTuber、料理研究家の「だれウマ」さんによる発言です。

この文章は、性別によって食べる量が異なるという性差別的な表現を含んでいるため、炎上する可能性があります。現代社会において、性別によって役割や能力、または必要な食べ物の量が異なるという考え方は、非常に批判的な見方をされることがあります。そのため、このような表現を用いることは、広く受け入れられるものではなく、批判を浴びる可能性があります。

何が炎上要素なの?と感想を抱く人もいる事例でしたが、chatGPT はしっかり炎上判定を出しました。

炎上対策の一つとして chatGPT を活用できそうですね。

chatGPT何ができる?

スポンサーリンク

-活用方法