コラム

chatGPTの登場でウェブ検索は使われなくなるのか?

2023年2月19日 / 38

スポンサーリンク


chatGPT の登場で Google をはじめとするウェブ検索が使われなくなるのか?という事について考えてみたいと思います。

chatGPT はとても強力な AI で、従来から存在していた Google アシスタントや Siri よりもはるかに賢いです。chatGPT が疑問に対する回答を行ってくれたら、ウェブ検索をしなくても済むという発想になるのは必然です。

これに危機感を持った Google は Code Red(緊急事態)を発動しました。Google で検索が行われないようになれば、Google の収益が激減して存続の危機に陥ってしまう可能性があるためです。

この件について chatGPT に見解を伺いました。

chatGPTの見解

chatGPT の登場でウェブ検索が行われなくのではないでしょうか?

ChatGPTは自然言語処理によって人間との対話を可能にするAIですが、ウェブ検索とは異なる機能を持っています。ChatGPTは、対話の中でユーザーからの質問に答えたり、会話を進めたりするために使われます。一方、ウェブ検索は、特定のキーワードを含む情報を検索して提供することによって、ユーザーが求める情報を見つけるために使われます。

したがって、ChatGPTの登場はウェブ検索を行わなくなるわけではありません。むしろ、ChatGPTの登場によって、より人間らしい自然なやりとりが可能になるため、ウェブ検索と組み合わせることで、より効果的な情報収集が可能になることが期待されています。

chatGPT とウェブ検索は性質が異なるものであり、ウェブ検索が行われなくなるわけではないという見解のようです。

確かに chatGPT がウェブ検索を完全に過去のものにしてしまうとは考えにくいです。何故なら chatGPT のみで疑問を解決できる事ばかりではないからです。

筆者の見解

完全にウェブ検索が chatGPT に置き換わる事はなくても、検索をする回数は著しく減るのではないかと思います。

例えば単純な疑問で「空は何故青いのか?」を調べたいという時、ウェブ検索をしなくても chatGPT で事足りるという事が十分あり得ます。

chatGPT は必ずしも正しい答えを返すわけではないという懸念はありますが、単純な疑問の回答については誤った回答が返される事はまずないと思われます。

文章のみで完結できる疑問は chatGPT で事足りる事が多いでしょう。しかし chatGPT は図解する能力が2023年時点ではないので、より詳しく知るためにウェブ検索を行うという事は今後もあり得る事だと思います。

また chatGPT には不得意とする分野があります。chatGPT は2023年時点では2021年までのデータしかインプットされていません。なので、最新の情報を尋ねても答える事ができません。

今日の天気を尋ねるのであれば Google アシスタントや Siri の方が得意ですし、最新のニュースならウェブ検索の方に軍配があがります。

chatGPT の登場でウェブ検索が行われる回数は減るかもしれませんが、得たい情報に応じてツールを使い分けていくのではないかと思います。

  • 単純な疑問:ChatGPT
  • 使い方:ウェブ検索
  • ニュース:ウェブ検索
  • 今の情報:Twitter
  • 今日の天気:Googleアシスタント、Siri

chatGPT何ができる?

スポンサーリンク

-コラム